脱毛器レンタル

サイトイメージ

脱毛器のレンタルが怖い理由

「脱毛器って高い!レンタルは無理なのかな?」

ということで、「脱毛器 レンタル」で検索したら色々なサイトが出てきたので 試しに借りてみたわけです。

「え、、、こ、これ、、、誰の毛ですか オソロスィ〜!!!(ノll゚Д゚llヽ)」

すごく小さな毛ですが、明らかにVIOあたりをやったんだろうなって 毛がついていました。

交換してほしい!!というクレームを言ったところ 「脱毛器のレンタルなんで当たり前です」的なことを言われました。

交換するなら追加のレンタル料金が必要とのこと・・・

・・・・・( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

使わずに返すのも嫌なのと、どうしても試したかったので、 一番気にならなさそうなすね毛の部分だけちょっとだけ試してみましたが 確かにすごく良かったです。

私がレンタルした脱毛器はこちらですね。

ケノン

だいぶと前から気になっていたけど買って失敗するのが嫌で躊躇していたのでレンタルしたんです。

だからどうしても試しておきたかったんですね。

良いということがわかったので、その後、しっかりと脱毛した部分をアルコール消毒して 自分で新しい脱毛器を購入しました。

購入した脱毛器自体はかなり気に入って使い続けていますが、 レンタルすることは2度と無いですo(-_-"))

★当ぺージで紹介されていた脱毛器一覧★
【ケノン】・・・http://xn--rckyc9e.com/

ムダ毛って辛いよね・・・

"若いころ、特に高校時代のムダ毛は嫌だった。

何が嫌って、自分はムダ毛が圧倒的に人と比べてなかったからだ。

ありすぎるのも嫌だが、なさすぎるのもつらい。

そういうことだ。
普段は長ズボンなので、人目にさらされることもない。

半袖を着ていても、腕が薄毛なくらいはほとんど着目されない。

足の毛の濃い薄いは目立つ。

そこで困ったと思っていた。


年を経て、今、ムダ毛が薄くて気になることなど全くない。

色々、年を取ると、昔気になることが気にならなくなると思うが、これもその一つだ。

そして、今ではうすげであることを感謝しているくらいだ。


と思っていると、ムダ毛の薄毛は頭髪の薄毛に結びついているのではと最近思うようになった。

自分の足のムダ毛はズボンとの摩擦で、無くなっているのだ。


つまり毛が摩擦に弱いことを意味する。

毛が足だけでなく、頭にも関連があると思うに至ったのは、ヘルメットをかぶるようになってからだ。

まだ大学生という身分でありながら、頭髪が薄くなることを指摘されたのだ。

その時はまだ気づかなかったが、今はそのムダ毛が薄いのは、頭髪の薄いことに繋がる。

年齢とともに、顔にもムダ毛が発生し始めた。

驚くことに、徐々にもみあげが長くなり、そのまま横へスライドし、あごに到達する。

そして、頬にも毛が生え始めたのだ。

これは嫌だ。

ムダ毛の薄毛で悩んでいたことが嘘のようだ。

ムダ毛は名前が悪いと思う。

きっとムダ毛にも使命があるはずだ。

自分と同じように。

"

ムダ毛の気になる場所のこと

いくらムダ毛と言っても所詮は他人のものですから、他人のムダ毛についてふだんあまり気にしないようにしているのですが、会議や打ち合わせなどで他人と接している距離のなかでは、どうしても気になってしまうムダ毛というのは、やはりありますよね。
ふだんのそうした仕事の場、スーツを着ていたりする場では、手の甲の毛です。これはほとんどが男性の場合になるわけですが、手の甲の毛があまりにゴワゴワーっといっぱい生えていると気になりますよね。ペンを持つその手の甲の毛が気になってしまって打ち合わせどころではない、というような感じで。
それから、別のシチュエーションで気になるムダ毛というと、銭湯や温泉などで目に付いてしまうのは、背中の毛ですね。お風呂でのことなので、他人の裸なんてあたりまえすぎて、見ようと思って見ることはないのですが、なぜか他人の背中の毛だけは見えてくる。なにか違和感を無意識のうちに感じているのでしょうね。
他人と言っていいのか、まあ、妻に関して言えば、わき毛でしょうか。妻はそれほどわき毛への意識は強くないですし、私もそんなに気にしない。気にしないけれどもときどき目に付いてしまう。これもおそらく、なんらかの違和感が、目をそこに釘づけにしてしまうのでしょう。
最後に、自分に関して言うと、乳首の周りに生えているムダ毛がいちばん気になります。なぜか乳首の周りに多数のムダ毛が生えておりまして、これが長く長く育つんですね。自分はこれを見るのがすごく嫌いです。

ついつい気になってしまう他人のムダ毛

男女問わず、他人のムダ毛で一番気になる部分は「襟足(首・耳まわり)のムダ毛」です。

手足のムダ毛処理をしたり服装にお金をかけたり・・・と、身だしなみに気を使っている人でも、「襟足」周辺のムダ毛処理が疎かになっている人は意外と少なくないように思います。

首・耳のうしろは、自分では確認しづらく自己処理も難しい部位ですから、処理を疎かにしてしまいがちなのも分からないではないのですが、・・・・・・気になりますね。

逆に「襟足」が人工的に“ピシッ”とあまりに整いすぎているのも、それはそれで違和感がありますが、まったくケアされていない状態の「襟足」には、やはり抵抗感が否めません。

特に、首から背中にかけて(一本の線のように)一続きにムダ毛が生えている人を見ると、(いくら他の部分がキレイに手入されていても)「清潔感がないな・・・・・・」という印象を受けてしまいます。

冬場はともかく、夏場は(人のこととはいえ)非常に気になります。
浴衣を着て髪をアップに結い上げた女性の襟足が全くケアされていない状態だった場合などは、(同じ女性だから余計に気になるのかもしれませんが)「残念」と思わず唸りそうになってしまうほど・・・。
男性についても、あまりに「襟足(首・耳まわり)」が無法地帯になっていると、やはりだらしない印層を強く受けます。

「襟足」のムダ毛は、確かに自分では気付きにくいところではありますが、できればもう少し気を配ってもらいたいですね。

わきの毛が一番気になります

私が他人の無駄毛で一番気になるのは、わきです。
やはりキャミソールやタンクトップを着る機会が多い夏には、
目が行ってしまいます。

普通に人と接している分には気にならないのですが、
電車の中で吊革につかまったり、
高いところの荷物を取ったりするときに、
わきに毛が見えると、ちょっと残念に思います。
逆に、そういったときにとてもきれいなわきをしていると、
とてもきちんとした人に見えます。

わきの毛は伸びやすいと思うので、
1日お手入れをしていないだけでも、ポツポツが目立ってしまいます。
しっかり毛が生えているわけでなくても、
ポツポツが見えるとちょっとがっかりします。
そのポツポツした感じが、
鳥肌が立っているようで苦手だと言っている男性が多い気がします。
ですので、私はなるべく毎日お手入れをするようにしているのですが、
忘れてしまった日は、絶対に腕を上に挙げないようにしています。

しかし、意外と秋や冬など夏以外にもわき毛が見えてしまうことがあります。
多分、キャミソールやタンクトップを着ないからと安心して
お手入れをしていない人が多いからだと思います。
暑くてジャケットを脱いだときや、
結婚式や二次会でドレスを着ているときに見えることが多いです。

あとは、旅行に行ったときです。
浴衣に着替えるときや、一緒に温泉に入ったときに、
わき毛が見えるとどうしても気になってしまいます。
逆に、秋や冬にそういったところに行ったときに
きちんと手入れがされていると、
ちゃんと気を配っている人だなと感心します。

男性の耳の毛は気をつけてください。

他人のムダ毛で一番、見て驚いたのは、耳から生えた耳毛?です。
これは、初めて見たのが男性の老人だったのですが、耳たぶから1センチか、2センチはあるような毛が何本も生えていたのを見た時には、ビックリしました。これまで周囲に老人の男性が余りいなかったためなのかしれませんが、これまでの自分の体験の中で、こんな毛を見たことがありませんでした。
これまではとても気になる毛は、わき毛や鼻毛だったのですが、鼻毛はまだしもユーモラスなイメージがあるし、わき毛は臭いそうな嫌なイメージがあるのですが、耳毛に至っては、それまで見たこともなかったので、「気持ち悪さ」が先に立って、見ているだけで不潔な印象を感じました。
そんなわけで、そんな老人の耳毛は信じられない…と思っていたら、なんと最近、夫の耳にも2、3本、1センチほどの耳毛が生えているのに気が付きました。
もちろん、若い女性の人たちに見られたら嫌なので、しっかり耳の毛を毛抜きで抜いてあげましたが、まさか自分の身近なところでこんな症状の人間がいたなどとは、驚きです。
もともと髭もあまり好きではないほうなので、不潔な感じはしますが、やはり、ムダ毛というだけに、体毛の中でも特に鼻毛や耳毛、それから、まつ毛が異常に多い、これも老人の男性に多いと思うのですが、あの鉛筆が乗ってしまいそうなぶっといまつ毛も不潔な感じがしてなりません。
足や手の毛であれば、毎日お風呂に入っていれば、それほど不潔に感じることはないのですが、やはり、無駄な毛、ムダ毛が多くありすぎると、どうしても不快感を抱いてしまいます。
最近は若い男性はそういった美容をしっかりと処理している人も多いと思うのですが、ある程度の社会的な地位の男性も気をつけてくれた方がよいかと思います。

女性であれば最低限のエチケットは守ってもらいたいです

脱毛処理には様々な文化があります。
外国でも地域によっては脱毛の習慣がないところもあります。
日本では、きちんとケアをしている人は、自分の状態を気遣っている人という見方があると思いますので、女性であれば、最低限見える部分の脱毛だけはしてもらいたいと思います。
それは異性に対するマナーであり、エチケットを守ることだと思います。
最近は男性でさえ、極端ではないまでも、腕や指の体毛を剃っておくことが必要な場合もあります。
飲食業など、直接食品に触れる方ならなおさらでしょう。
であれば、女性の場合はなおそうあってしかるべきだと思います。

女性になぜ脱毛を求めるのか?それは、女性のよさは「美しさ」だからです。
男性の象徴が力であるなら、女性の象徴は「美」です。そのために求められていることを行なうのは、大切なことだと思います。
人によってどこまでするかは千差万別だと思います。美を追い求めて整形手術やエステに通う方もいると思いますし、そこまでしない方もいると思います。
追い求め方は様々でも、女性として、美しくあることを避けてはいけないと思います。それは女性として生まれた宿命だと思います。
その美しくあるためには、最低限のラインがあり、僕はそこには脱毛することまで含まれると思います。
最近はナチュラル志向で、眉毛を以前ほど細くしなくなっているようですが、それでもきちんと整えていると思います。
そういうマナーの一つとして、脱毛だけは、僕としては、どうしても譲れないラインです。

なので、脱毛していない女性を見ると、「女を捨てている」と僕は感じますし、たとえそれなりにきれいな方だとしても、何の魅力も感じません。
なぜなら、その人は自分の美しさを際立たせることを怠っているからです。つまり自分磨きに興味がないといっているのと同じだと思います。

まとめますと、僕の中では「脱毛していない女性はノー!」です。女性として生まれたことを特権と思い、それを大事にしていただきたいです。

最新のエントリー一覧

女性であれば最低限のエチケットは守ってもらいたいです
脱毛処理には様々な文化があります。 外国でも地域によっては脱毛の習慣がないところ...